保育方針

「自然がいっぱいで、日本の四季を感じることができる自然とのふれあいを通して。」
「報徳保育園」は池田の高台に位置し、自然と温かい地域の人々と共存しながら、「いのち」を感じることができる保育園です。そんな「ありのままの自然」と「地域の人々」に囲まれた場所で報徳保育園を開所したのは昭和34年のことです。四季を満喫し、年代を超えた地域の人々と触れ合うことで、集中力・好奇心・主体性が育ち、いのちの絆を学び、生きる力の基礎づくりをすることが重要と考えております。「ありのままの自然」に触れる環境だからこそできる保育、他では体験できない生活を通して感性豊かな、人と人との繋がりを大切にする愛情豊かな子どもに育ってほしいと考えております。人の人格・性格を形成する時間は0~概ね13歳前後とされております。保育園生活は、乳幼児の一日の生活の大半に該当します。人格形成の基盤となる大切な時期に多くの時間を共に過ごす私たち職員は、ご家族・地域社会と一体となり、子どもたちが健康・安全で、成長期にふさわしい生活の場を豊かにつくりあげることに努力し、養護と教育が一体化した生活の中で、自己を十分に発揮できる環境づくりに取り組んでおります。報徳保育園でしかできない「ありのままの自然」とのふれあいといった独自の環境を生かした活動を通して、イキイキとした人にやさしい子どもの育成に努めます。
保育方針